ちくちく帖

40代で看護学校への進学。しばらく手芸はお休みです。

がんばろう

高校に入学して、一気にハードになった娘。
成績もがた落ちで、気にしてるんだかいないんだか。

それでも、自分のやりたいことを優先させる傾向にあるので
『将来のために、自分の欲に流されずにもっと頑張れ!』
と言ってしまいます。

そういうこと言っちゃいかん気もするけど
言わないと、このままずるずる行きそうな気もして・・・


ハタチのクラスメイト達は、やりたいことがいっぱいあって
でも、そっちに現を抜かしてる子たちは、勉強が追いつかなくなる。
というのも、目の当たりにしてるし。
高校の頃も、たくさん楽しんできたみたいな彼女たち。
今こそ、頑張り時じゃないの?
と思うんですけどね。
なかなか切り替わらないみたい。


そういう姿を見ていると、高校時代から
けじめがつけられるようになってほしい。
自分で決めた進路に向かえるように、頑張ってほしい。
と、お母さんは思ってしまうのだよ。

明らかに、就職してからのほうが長いから。
今は遊びたいことがたくさんあるだろうけど
大人になってからも、いっぱい遊べるから。

若い、今のこの時期しかできないこともあるの!
とか言われますが、遊ぶことは後からいくらでもできるんだよー。

あとから勉強しなおすのが、どんなに大変か・・・


娘に言ってるのか、クラスメイトに言ってるのか
自分でもよく分からなくなるけど
とにかく、両方に対して思ってるんだよね。


やっぱり、基礎が大事。
心構えも大事。
自分のことなんだから、がんばろうよ!!
 

[ 2017/07/12 23:29 ] 学生日記 | TB(-) | CM(0)

お母さん学生の週末

暑いですね。

いや、ちょっと前から暑い日もあったけれど
試験勉強を優先させてしまい、放っておいた夏の準備しました。

めんどくさがりの上の娘のベッドには
このくそ暑い中、羽毛と毛布があったしね。
下の子と私は、さすがに暑いので1枚は片付けてたけど。
片付けるのが面倒なので、暑さを我慢する娘(^^;

ようやく夏の布団と入れ替えて、絨毯洗って
エアコンのフィルターも洗いました。


部活で使うものを買いに、楽器屋さんに行きたい。
と言われてたので、部活から帰った娘を楽器店へ連れて行き
そのまま皮膚科に行ったら、あっという間に夕方に。

上の娘は今日から塾だったので、
早めにご飯食べさせて、送迎。


週末にやろうと思っていた試験勉強は、ほとんどできなかった。
って、毎週こんな感じなんですけどね。
中学生の子どもがいらっしゃる3年生とちょっとラインしてたんですが
彼女も同じみたいでした。
実習真っただ中で記録に追われているけれど
週末は子どもたちの用事で、結構時間取られてしまうみたいです。

お母さん学生は、みんな同じですかね~。
週末は、なかなか自分の時間が取れない。


子どもがいるから頑張れるし、
子どもが頑張ってるから私も頑張れる。
自分で決めて、選んだ道なので
つべこべ言いながら、がんばろう。
 

[ 2017/07/01 23:52 ] 学生日記 | TB(-) | CM(0)

2年生初の試験

進級して初めての試験がありました。

毎日、勉強しない日はないんだけど
日常の勉強と、試験勉強ってまた違うんですよね。
赤点取ってしまうと、取り返しがつかないことになるし。

すんごい疲れる日々でございました。
舌に口内炎できて、ご飯もあまり食べれなかったし。
試験ってすごいストレスなので、早く切り抜けて実習行きたい。
実習のほうが、楽しいのではないか?
なんて思ってしまいますが
来年の今頃は、試験でひーひー言ってる頃が幸せだったな。
なんて言ってるのでしょうか


私が試験で騒いでるのと同時に、下の子が期末テスト。
入れ替わりで、今は上の子が期末テスト期間です。
私は中休みに入ってるとこだけど
またすぐに、試験続きの日々がやってくるので
それに向けて、勉強しなくっちゃ。
娘も頑張ってるし


そういえば、上の子の家庭科の試験でエリクソンが出たと言っていた。
看護学校入って始めた知った人だったんだけど
高校で習うレベルのことだったのか・・・
血液の体循環と肺循環とか、中学校の試験で出ててびっくりしたもんな。
いかに自分が今までちゃんと勉強してこなかったかがわかる。


「いま、ちゃんと勉強しておかないとあとで苦労するよ」
という言葉、私が言ったら重みがあるようです。
40歳過ぎてから学ぶことの大変さは、言わなくても伝わっているみたい(^^;

勉強だけしておけばいい環境のときに、ちゃーんとやっておいた方がいいね。
 

[ 2017/06/30 23:14 ] 学生日記 | TB(-) | CM(0)

解剖見学

看護学生の一大イベント、解剖見学がありました。

すごく楽しみにしてたのですが
いざ、解剖室に入るとなると
不安でドキドキしました。

具合が悪くなったらどうしよう
と、みんな不安を口にしてましたが
誰も脱落することなく見学できてよかったです。


解剖学で今まで学んできたことが実際に見られて
とても勉強になりました
人間の身体って、すごいな~


臓器も触らせてもらえたし
動脈と静脈の弾力の違いとか
心臓の筋肉の厚さとか
気管支の分岐部分の角度の違いとか
当たり前だけど、教科書の通りで
なるほどこういうことだったのね。
と思いながら見学しました。

もっと見たいところはたくさんあったけど
あっという間に時間が過ぎてしまった。


今まで、イラストのみで勉強してきてて
疾患を考えるときに、イラストから想像してたけど
今後はもっと立体的にイメージできそうです。

ご検体された方に感謝しながら、今後の勉強につなげなければ。
 

[ 2017/06/11 10:25 ] 学生日記 | TB(-) | CM(0)

いつのまにか6月だ

前回、何書いてたっけ?
と読み返したら、今と同じ悩みが書いてあった。
解決してないやーん(笑)

というより、さらに状況は悪化しておりますな。
学校全体の問題として、うちのクラスが取り上げられてる模様。

だからどうにかしろとか言われても
結局は、問題視されてる方々が
自分が元凶だと気づいてないからね。
どうにもなりませんね~。
ご自分の基準では、ちゃんとやってるのだそうです。
看護学生としてという基準ではないけど(^^;

課題ができないのは、
①先生が次々と出しすぎる
②バイトがある
③彼氏とごたごたしている
③脱毛に行かなければならない
④観たい映画があるから
などなど、そういう理由なんだって。
ちゃんと理由があるから、自分は悪くないんだって。
さすがです


気付いてないことは問題のような、
それくらいお気楽な性格な方が生きやすいような。
だって、巻き込まれてる私たちが悩み苦しんでるんだもんな。
そんな私たちの方が、困った性格なんだよ~


学校では解決してないけど、私の中では一応解決していて
今の調子で、授業も実習も勉強も頑張ろうと思ってます。

どう解決したかというと
「やる気のない子への指導は、学生じゃなく先生の仕事やろ」
という、ごもっともなアドバイスに共感できたことと
「今、私が悩むことは、クラスのごたごたではない」
と気付けたこと。

患者さんへのアセスメントで悩むべきなんだよね
(紙の事例の中の患者さんですが)
実習で患者さんに接した時に困らないように
アセスメントとか看護計画とか、しっかり学んどこう。

授業はやっぱり、楽しい♪  

[ 2017/06/03 23:02 ] 学生日記 | TB(-) | CM(0)