ちくちく帖

40代で看護学校への進学。しばらく手芸はお休みです。

よりより

今日は、朝から “よりより” を作りました。
その “よりより” とお弁当を持って、三隅に遊びに

友人たちは “よりより” を見た事もなかったらしく
「サクサクして、おいしい
「どうやったら、こうなるの?」
と、言っていました。
ポピュラーなお菓子だと思っていたのに、意外。


作り方を聞かれたので、ここでちょっと紹介させてもらいます。

材料は 薄力粉 160グラム
      強力粉  90グラム
      ベーキングパウダー 小さじ 1/2
      砂糖   大さじ 4
      塩     小さじ 1/2弱
      サラダ油 大さじ 1
      水     1/2カップ
   

1.水とサラダ油以外をボウルにいれ、真ん中にくぼみを作る。
  そのくぼみに 水とサラダ油を入れ、ひたすら捏ねます。
  (粉っぽくても、6~7分捏ねていたらまとまってくる)

2.生地が耳たぶよりやや堅めにまとまったら
  ラップに包み、室温で20分以上ねかす。

3.生地を取り出し、棒状にして包丁で16等分。
  手にサラダ油を薄くつけ、ながーく伸ばします。


(下の娘がモデルになってくれましたが、口が緊張してます


4.半分に曲げて、このようにくるくるっとします。




5.その端と端をあわせると、よりよりっとなります。




6.こんな感じです。




7.150℃の揚げ油で5~6分揚げて、一旦取り出す。
  (この時は、まだ白っぽいです)
  温度を170℃に上げ、きつね色になるまで約2分。


出来上がり

細長く延ばす作業は、子供には難しかったみたい。
時間を掛けて頑張っていましたが、だんだん生地がカサカサになってきて
最終的には 私が手を出してしまいました。


午後からの、第二段で出来上がった “よりより” を持って
下の階の方にお礼に行きました。
実は昨日、ちょっと(いや、かなり)お世話になってしまいまして・・・
 

昨夜は、7時から小学校の役員決めでした。
ダンナが早く帰るといってたのに、6時40分ごろ確認のをしたら
「9時頃まで帰れそうにない」 と。

早く連絡してくれたらいいのに と思いながら
慌てて子供たちをお風呂に入れ
「何かあったら、下の階の○○さんに言いに行くんだよ」
と言って、子供たちはお留守番させる事に。

下の娘と同級生のお子さんがいて、仲良くしてもらっているので
「何もないとは思うけど、よろしくね」 
と、車に向かいながらを。


役員がなかなか決まらず帰れないまま、8時半ごろ下の階の方からが。
突然下の娘がやってきて
「寝ようと思ったら ちょっと漏らしてしまったので
 お布団が濡れてないか 確認してほしい」
と言ったらしいのです。

「お姉ちゃんに見てもらったら?」 と言っても
どうしても見に来て欲しいと言うので、部屋に上がったよ。 と。


まったくもう、しっかりしてるんだか、してないんだか


その時 ちょうどダンナが帰宅して
見てみたら、パジャマがちょっと濡れていたらしい。


結局 話し合いは9時半までかかりました。
帰宅すると、ダンナが
「帰ったら ○○さんがいてさ。
 俺、部屋間違ったかと思った
と言ってました。

ちょうど真下の部屋の方だし、冷静を装いつつ
実はかなり焦って ぐるぐる考えてたそうです


急によその子2人も頼まれ、漏らしたからと部屋に呼ばれ
見に行ったら旦那さんと鉢合わせ。
私なら、絶対嫌なパターンだ
もう、ホントに申し訳なかったです。




ジャンル : 趣味・実用
テーマ : 手作りお菓子

[ 2009/02/13 18:05 ] その他 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する