ちくちく帖

40代で看護学校への進学。しばらく手芸はお休みです。

ショコラパン 出来上がり

月曜から、フリマ用の布小物に着手。
私はいつも、リビングで作業しています。
家族がテレビを見る間は、ミシンを使うと苦情が出るので
フェルトをちくちくと。

できあがったのが こちら。
マニマニままごとさんの ふんわりパン屋さん より
ショコラパンです。
編みぐるみの ショコラちゃんから来た名前かな。






布小物のほうですが、いつもの通りにまとめて裁断し
後は、縫うべし 縫うべし
まずは、巾着類が完成



コップ袋7つ・お弁当袋6つ・お着替え袋2つ・巾着バッグ1つ。
いやぁ、ミシンはやっぱり早いですね。
手縫いでちくちくやるフェルトとは、大違い。


子供がカバンに詰めて持っていくのに、厚手の布だとかさ張ります。
綿麻で薄手の布を探していました。
やっと見つけて、3種類 1メートルずつ購入。

その1メートルを使い切ってみたら、これだけ出来上がり。




最後に余った部分で考えたのが、巾着バッグでした。

口を開けるとこうなって・・・    

キュッと縛って、そこが持ち手に。

残りの2種類の布、まだ余っているのですが
同じシリーズで作るかどうか。
悩みながら、次の布小物を縫っています。


昨日の、子供のたんこぶ事件の続きですが・・・
 

夕方帰宅した娘に、詳しく聞いてみました。
すると 「え~、忘れた」
と、いつものように都合のいい答え。

「先生と話し合いした時、先生なんていってた?
 思い出して、ちゃんと教えてよ」

「うーんとねぇ、机のどこでぶつけた?
 って言ってた」

え・・・ そんなこと聞きたいわけじゃないんですけど

状況は、
追いかけっこをしている男の子たちを見て笑っていたら
「笑わないで」といって、押された。
との事でした。

相手の子は 「押すつもりはなかった」 と言っていて
先生に促されて謝ったけど
自分は謝る必要がないと思えたので、謝らなかった。 と。

先生がどういう対処をされたのか 分かりませんでしたが

 「押すつもりがなかった」 けど、実際は押されて痛かったでしょう。
 同じように、あなたが 「そんなつもりなく」 笑ったことで
 相手の子の心が痛かったのかもしれないよ。
 
 そんな風に、自分が軽い気持ちで言ったことや態度で
 相手の心が傷つくことがあるんだよ。
 確かに手を出した方が悪いけど
 言葉で傷つけてしまったことも、ちゃんと謝らないとね。

と言う話をして、終わりました。
途中で娘を責めてるような気になり、
お母さんは、いつでもあなたの味方だからね 的なフォローを


相手の親御さんは、昨夜遅く連絡帳を見たらしく
今朝、お詫びの電話がありました。
更にお昼に、わざわざお詫びに来られて。
逆に申し訳なく思いました。

でも、それが親同士の正しい付き合い方なのでしょうね。
やる側にも、やられる側にも いつ自分がなるかわかりません。
その時に、正しい対処が出来る親でありたいです。

 

ジャンル : 趣味・実用
テーマ : こんなの作りました♪

[ 2009/02/04 15:34 ] パン | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する