ちくちく帖

40代で看護学校への進学。しばらく手芸はお休みです。

就職活動

まだ1年生ですが、年齢的なことも気にかかるので
就職活動開始してみました。

まずは、たくさんの病院が集まる就職説明会に参加。
大学3年生の若者たちが集う場所に
専門学校生の40代が参加するなんて・・・
と、前日からドキドキしていろいろ調べて
就職試験シミュレーションまで行い
「あなたの看護観は何ですか?」
「5年後、あなたはどのような看護師になっていたいですか?」
などと聞かれて、答えられず軽く落ち込むという。


ええ、すべて私の妄想なのでね。
妄想して、疲れただけなんですけど。


実際の就職説明会では、どの病院も暖かく対応してくれました。
年齢制限あるのかという問いには、どこも 『NO』
意欲次第で、採用しないこともない。
という風に受け取って帰ってきました。
必要なのは、自分がどんな看護師になりたいと思っているのか
明確なビジョンを持つこと。
やる気と根性!!
(たぶん・・・)

現役の新卒にはない、社会人のマナーをすでに持っている
というところは、売りにできるのではないかと思いました。



授業では、ようやく基礎の解剖生理学や疾病論が終わりに近づき
看護に関するものがとても増えてきてます。
基礎知識があるうえでの授業になってくるので
どの科目も真剣に取り組んでてよかったなぁ。と思えます。

ここは、あの科目でやったとこだな。
などと、すでに頭に入っているので
確認しなおす程度で、改めて覚えなくてもよさそう。


来年から本格的に始まる就職活動でのみ、
成績証明書が使えるんですよね。
その時になるべくいい評価でいないと
「うちの病院での研修についてこられるんだろうか?」
「就職してからも学び、向上していく気があるのだろうか?」
と、マイナスにとられる可能性があるからね。
年齢のハンデがある分、頑張り続けなきゃ!!


看護観とは、何ぞや?
私がやりたい看護ってなんだ?
と問いかけながら、授業や実習を受けて
今後の自分につなげていこうと思います。

そういうことに気付けたので、就職活動始めてよかったです。
 

[ 2017/01/31 23:39 ] 学生日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する