ちくちく帖

40代で看護学校への進学。しばらく手芸はお休みです。

実習おわりました

お久しぶりです。

あっという間に、8月です。
もう、後半に入るな。

試験がいくつか終わり
初めての病棟実習も終わり
夏休みに入ってます。


初めての実習は・・・

めっちゃ楽しかった(*^▽^*)

そりゃ、記録に追われて
レポートに追われて
寝られなかったです。

それでも、楽しかった。
久しぶりに、 「職場」 ってとこに触れて
早くこの世界の一員となり、働きたい!
と思いました。


18歳の子には、辛かったみたいですね。
自分から動かないと、何もしてもらえないし。
でも、動けないし。

その辺は、社会人経験者にとって有利なようです。


ちょっと愚痴ると
最近の若者って、メモ取らない。
何かといっちゃ、後でラインで送ってもらえばいいや。
という傾向があるように思います。

で、メモを取ってる私にいろいろ聞いてくる。
病院経験なんかない私に
歳が上だと何でも知ってると思うのか
いろいろ聞いてくる。
その分、自分の時間を取られてしまうわけなんです。


でも、病棟入ったら同じ実習生だもんね。
他の実習生なんかに、かまってられない。
それぞれ違う患者さんを受け持たせてもらってるし
指導者さんの指示に従って
報告・連絡・相談して
自分の受け持ち患者さんと関わるのです。

『それは私に聞かれても分からないから
 指導者さんか、看護師さんか、先生に聞かないと』
と、振りほどいて自由に動けるのです。
その解放感ときたら (^^♪


基礎Ⅰの実習なので
できないこと、わからないことだらけでした。
次の実習では、もっとたくさんのことを求められるのでしょう。
気を引き締めて、これから勉強して
いっぱい覚えないかんな。
気持ちも新たに、やる気満々です。


夏休み、いろんな看護学校のオープンキャンパスがあってることだと思います。
30代後半、40代の方々は不安も多いことでしょう。
でも、できます! やれます!!
勉強も実習も、やってみたら楽しいですよ^^
それって、この年だから思えることなんじゃないかな。
 

[ 2016/08/16 22:14 ] 学生日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する